静止画なのに回って見える AIも「錯視」 ディープラーニングで再現に成功

ITmedia NEWS / 2018年3月22日 9時38分

静止画にも関わらず、まるで動いているかのように見える「蛇の回転錯視」を、ディープラーニングで学習する深層学習機(ディープラーニングマシン)で再現したと、基礎生物学研究所や立命館大学などの研究チームが発表した。錯視をディープラーニングマシンで再現した世界初の事例という。 「蛇の回転錯視」は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング