写真

プロジェクト立ち上げ段階に紹介されたスマートレンズの画像

米Alphabet傘下のVerilyLifeSciencesは11月16日(現地時間)、2014年に立ち上げた糖尿病患者の血糖値を涙液で測定するスマートコンタクトレンズの開発を打ち切ると発表した。 同社はスイス製薬大手Novartis傘下のアイケア製品部門のAlconと血糖値測定レンズのテストをしてきたが、涙液膜中の少量のグルコースから正確な血糖値を測定するのは難しいという結論に達したという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング