写真

市販のディスプレイに装着して使うVAQSO VR

「嗅覚系デバイス」を開発するベンチャーのVAQSO(バクソー)は11月21日、VR(仮想現実)ヘッドマウントディスプレイに取り付け、最大5種類の匂いを出せるデバイス「VAQSOVR」(Devkit)を開発者向けに発売した。VR映像と匂いが連動し、よりリアリティーが高いVR体験が可能になるとアピールする。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング