ドコモとauは障害起きていなかったのに……「ダウンディテクター」が誤解広げた?

ITmedia NEWS / 2018年12月7日 12時0分

ソフトバンクの携帯電話サービスで12月6日に大規模な通信障害が発生し、日本中のユーザーが影響を受けた。発生当初は、障害情報サービス「ダウンディテクター」を使って状況を確認する人も多かった。 ダウンディテクターは、通信やWebサービスなどがダウンしたときによく参照される。米シアトルに本社を置くOoklaという企業が提供しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング