Google、知らずに広告詐欺SDK利用のアプリ開発者に警告、削除依頼

ITmedia NEWS / 2018年12月10日 8時22分

米Googleは12月7日(現地時間)、Androidアプリの公式ストアGooglePlayストアに登録されている複数のアプリが、広告詐欺コードを含むSDKを利用していることが調査の結果明らかになったと発表した。 Googleは、該当するアプリ開発者にSDKを削除するよう依頼した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング