“スマホ即時買取”撤退のジラフ、個人のフリマ出品を解放 出品代行も

ITmedia NEWS / 2018年12月10日 20時34分

Webサービスを手掛けるジラフ(東京都中野区)は12月10日、同社が運営する中古スマートフォンのフリマサイト「スマホのマーケット」を「スママ」にリニューアルし、個人からの出品を可能にした。 ジラフは、フリマアプリで知られるメルカリや、持ち物現金化アプリ「CASH」を運営するBANK(東京都渋谷区)からの出資を受けたり、匿名質問サービス「Peing(質問箱)」を買収したりで注目を集めた企業。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング