「住民票の写し」など取り違え、別人に誤郵送 住信SBIネット銀行が謝罪

ITmedia NEWS / 2018年12月14日 19時35分

住信SBIネット銀行は12月14日、口座開設を申し込んだ2人の顧客の書類を返却する際、別人に誤って郵送したと発表した。互いの住民票の写しなどを取り違えて送り、住所、氏名、性別、生年月日が漏えいした。 13日、Twitter上で指摘が出ていた。あるユーザーの投稿によれば、住信SBIネット銀行から書類不備として戻ってきたものが「知らない人の保険証のコピーと住民票」だったという。 同社は14日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング