クレカ不正利用で暗躍するbotの脅威 セキュリティコード特定は“朝飯前”

ITmedia NEWS / 2019年1月24日 7時0分

昨年末、モバイル決済サービス「PayPay」で、クレジットカード登録時にセキュリティコードの入力回数に制限がない、という不備が見つかり、「総当たり式」の攻撃に利用されるのではないかという声が上がった。同時期、PayPayで相次いだクレジットカードの不正利用の直接の原因ではなかったようだが、このような攻撃は本来botが最も得意とする分野だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング