「宅ふぁいる便」当面休止 顧客情報漏えいで「システム再構築が必要」

ITmedia NEWS / 2019年3月15日 10時13分

大規模なユーザー情報漏えいが発覚した、大容量ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」について、運営元のオージス総研は3月14日、「サービスを当面休止する」と発表した。問題が発覚した1月23日から休止しているが、「最新技術の採用や利便性向上などのためのシステム再構築が必要」として引き続き休止する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング