「“統計的に有意差なし”もうやめませんか」 Natureに科学者800人超が署名して投稿

ITmedia NEWS / 2019年3月26日 16時20分

「統計的に有意差がないため、2つのデータには差がない」──こんな結論の導き方は統計の誤用だとする声明が、科学者800人超の署名入りで英科学論文誌「Nature」に3月20日付けで掲載された。調査した論文の約半数が「統計的有意性」を誤用しており、科学にとって深刻な損害をもたらしていると警鐘を鳴らす。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング