写真

Kaspersky Labのリサーチチーム、Global Research&Analysis Team(GReAT)でヨーロッパ地域のディレクターを務めるマルコ・プロイス氏

マルウェア「Mirai」の登場を機に、家庭用ルーターや監視カメラをはじめとする組み込み機器、IoTデバイスをターゲットとしたサイバー攻撃の危険性が認識されるようになりました。徐々に対策が広がり始めていますが、残念ながらIoTを狙う攻撃はいまだに増加の一途をたどっているようです。 なぜなら、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング