Twitter、トランプ大統領の「国に帰ったらどうか」ツイートを“ラベル付き非表示”にせず

ITmedia NEWS / 2019年7月16日 8時53分

ドナルド・トランプ米大統領が7月14日(現地時間)に投稿した人種差別的なツイートが物議を醸しているが、米Twitterは15日、米CNNをはじめとする複数のメディアに対し、このツイートを削除あるいは非表示にする予定はないと語った。 トランプ氏は一連のツイートで、「政府が完全に崩壊し、(政府が機能していればの話だが)世界で最悪で腐敗し、無能な政府の国から来た“進歩的な”民主党の女性下院議員たちが、世界で最も偉大で最強の合衆国の人々に対して政治のあり方を大声で指図するとは興味深い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング