ビットポイント親会社、株価が連日ストップ安 かつて株主にビットコイン無償配布、“注目銘柄”から一転

ITmedia NEWS / 2019年7月16日 20時13分

7月16日の東京株式市場で、電力事業などを手掛けるリミックスポイント(東証2部)の株価が続落し、2営業日連続のストップ安(値幅制限下限)となった。同社は、12日に約30億2000万円相当の仮想通貨の流出が発覚した、仮想通貨交換業者ビットポイントジャパン(BPJ)の親会社。かつては株主にビットコインを無償配布するなど話題を呼び、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング