海外のスマホ決済アプリを日本で使えるように ソフトバンク、日本IBMなどがブロックチェーン活用で共同開発へ

ITmedia NEWS / 2019年10月23日 15時47分

ソフトバンクと日本IBM、ブロックチェーン技術開発を手掛ける米TBCASoftは10月23日、訪日観光客が自国で使っている決済アプリを日本で使えるようにする決済システムを共同開発していると発表した。 開発中の通信事業者間決済システム「CCPS」は、決済の取引記録にブロックチェーン技術を活用。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング