写真

遅いWebサイトに表示する画面(左)。読み込みを示すプログレスバーは、速いものはグリーンで表示する(いずれも現段階のアイデア)

米Googleは11月11日(現地時間)、Web高速化の取り組みの一環として、ページの読み込みが特に遅かったり速かったりするWebサイトに、それと分かる“バッジ”を「Chromeブラウザ」で表示する計画を発表した。 こうすることで、ユーザーは相対的に遅いWebサイトを認識することになり、開発者は遅いサイトという不名誉なバッジを返上するために改善しようとするだろう。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング