写真

生存と判断した人間

イラクのミドル・テクニカル大学と南オーストラリア大学は、災害時などにドローンとアクションカメラを使って要救助者の生死を判定する手法を発表した。 この手法では、被災地の上空にドローンを飛ばしてホバリングさせ、アクションカムで地上で横たわる人間を撮影する。ドローンに搭載したビジョンシステムが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング