超音波ブレスレットで盗聴を妨害 シカゴ大など開発

ITmedia NEWS / 2020年4月8日 6時22分

米シカゴ大学とカリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究チームが2019年に発表した「UnderstandingtheEffectivenessofUltrasonicMicrophoneJammer」は、超音波を用い、電子デバイスへの音声録音を妨害(ジャミング)するブレスレットだ。 昨今、さまざまな電子デバイス(スマートフォン、スマートウォッチなど)を使って、録音が容易になった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング