ワイヤーで手指引っ張り、バーチャル物体の感触再現 カーネギーメロン大学、「Wireality」開発

ITmedia NEWS / 2020年5月28日 12時50分

カーネギーメロン大学の研究チームが開発した「Wireality」は、肩から伸びるワイヤーを手首や指に結び付けて力覚(フォース)フィードバックを起こすことでバーチャル空間内のオブジェクトを触った感触を再現する、モジュール式ウェアラブルデバイスだ。 装置を肩の上に固定し、そこから伸びるワイヤーを手や手首に取り付けて使う。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング