写真

変性性脊髄症(DM)はコーギーに多く発生し、10歳前後で症状が現れる

介護ベルトを装着して散歩するワンちゃんについて、「知ってください」と犬の病気を説明したツイートが話題になっています。 投稿したasaさんの愛犬の「なみ」ちゃんはコーギーの女の子で、「変性性脊髄症(DM)」という病気を患っています。後ろ足からゆっくりとまひが進行する脊髄の病気で、人間でいう筋萎縮性側索(そくさく)硬化症(ALS)に似た難病とされています。 そのため、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング