「プロゲーマーって引退したらどうするの?」 現役プロゲーマーにeスポーツの将来について聞いた

ねとらぼ / 2017年8月13日 13時0分

日本で初めてプロゲーマーが誕生したのは2010年。カリスマプレイヤーである梅原大吾(ウメハラ)がゲーム関連機器メーカーのスポンサードを受けたことがきっかけだった。その後日本でも数々のプロゲーマーが誕生したが、国内では高額賞金がかかった大会が開かれないこともあり、プロゲーマーにスポットライトが当たることは少ない。EVO2017での日本人優勝が話題になるなどeスポーツへの注目度が年々高まる一方で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング