アニメ「活撃 刀剣乱舞」に性的な演出とスタッフがTwitterで発言 制作会社が謝罪

ねとらぼ / 2017年8月21日 15時44分

アニメ「活撃刀剣乱舞」8話をめぐり、スタッフが意図的に性的な演出を加えたとする発言をツイートして物議を醸していた件について、制作会社ufotableが謝罪しました。 放送後にufotableのスタッフ、高橋タクロヲさんがTwitterで、登場人物が馬になめられる場面について、「ヤラシい程えげつない」効果音をつけてもらったといったことを発言。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング