写真

13歳以上なのに凍結されたという報告が

Twitterの規約改定で13歳未満の利用が禁止されたのに伴い、「13歳以上なのにアカウントがロックされた」との報告が続出している問題について、運営元のTwitter社が「混乱と不便をもたらしたことをおわびします」と謝罪しました。 同社は問題の原因を、EU(欧州連合)で5月に施行された新しい個人データ保護ルール「GDPR(EU一般データ保護規則)」に合わせて行った変更によるものと説明しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング