人によっては違和感がある「押しも押されぬ」「従来から」「ソシャゲに課金」 本来の表現からズレてしまった日本語

ねとらぼ / 2018年8月21日 12時0分

言葉は、時代とともに変わっていくもの。例えば、「敷居が高い」は本来、「不義理などをしてしまい、その人の家に行きにくいこと」を意味しますが、近年は「上品過ぎるなどの理由で、お店に入りにくい」という使い方をする人もいるのだとか。 そこで今回は「本来の意味、言い方からズレた日本語」をクイズ形式でまとめてみました。真逆の意味で使われるようになった言葉もあるので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング