写真

トヨタ「シエンタ」のリコール対象時期のモデル

トヨタ自動車は6月26日、ミニバン「シエンタ」に最悪の場合エンジンが破損するおそれのある不具合が見つかったとして、約13万7000台のリコールを国土交通省に届け出ました。 対象となるのは2015年5月7日~18年9月3日に製造された13万7016台。国土交通省の発表によると、 ハイブリッド車で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング