終戦後の食糧難の時代、孤児に食べものを分けた実話漫画に称賛 「素晴らしい」「泣きそう」

ねとらぼ / 2019年7月11日 19時30分

終戦後の食糧難の中で、孤児に食べ物を分けた実話を描いた漫画「柿の木」が称賛を集めています。作者・泉福朗さんのお父さんが体験したことを描いたお話です。 終戦の年(1945年)の秋、当時8歳だった少年(泉さんのお父さん)の家は空襲の被害を免れ、広い敷地を利用して自給自足を行っていました。ある日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング