【ナニコレ?】「視力検査に使われる“C”みたいなマーク」の、意外と知らない名前

ねとらぼ / 2019年7月20日 12時5分

見たことはあるけど、意味や名前は知らないアレを【サクッと10秒】で解説していくコーナー「ナニコレ?」。今日の「ナニコレ?」はこちらです。 ↓ ↓ ●解説 『ランドルト環』:フランスの眼科医、エドムント・ランドルト氏が1888年に考案。「円環の直径:円弧の幅:開いている部分の幅=5:1:1」になっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング