写真

ストーブやヒーターの事故に注意

製品評価技術基盤機構(NITE)が暖房器具に関する注意喚起を発表しました。火災などの事故により5年間で108人が亡くなっています。 同団体の調べによれば、2014年度~2018年度に発生した暖房器具の事故は965件で、そのうち火災事故が726件。肌寒くなる10月から件数が増え始め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング