Twitter、「ブラックリスト」「マスター/スレーブ」など差別を想起させるプログラム用語を変更

ねとらぼ / 2020年7月6日 21時47分

Twitterは「ブラックリスト」「ホワイトリスト」「マスター/スレーブ」など社内でソースコードや技術文書に使用している用語を、差別を連想させないものに変更すると明らかにしました。 Twitterのエンジニアリング担当公式アカウントは、「包含的な言葉は皆が所属する環境を育む上で重要な役割を演じる」とし、Twitterでソースコードに使用してきた言葉は、同社の価値観を反映しておらず、同社がサービスを提供している人々を代表していないため変更したいと説明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング