「Surface Go」日本版は本当に高いのか Office付属は妥当なのか

ITmedia PC USER / 2018年7月14日 9時31分

「低価格Surface」のウワサは本当だった。米Microsoftが7月9日(現地時間)に、399ドルからの「SurfaceGo」を正式発表したのだ。筆者はもう少し後の発表になると予想していたが、夏の間に入手できるのだからうれしい誤算といえる。一方のスペックに関しては、PentiumGoldプロセッサやUSBType-Cポートを搭載するなど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング