スマホの“子機”が続々と出てくるワケ

ITmedia PC USER / 2018年10月21日 6時35分

先週は立て続けにスマートフォンの“子機”となる新製品が発表されました。 スマートフォンがどんどん巨大化して、性能が上がって画面が見やすくなる一方で持ちにくくなっているのを、子機でカバーするという考え方です。この現象に名前を付けたいのですが、いい言葉が思い浮かびません。「本末転倒」とも違うし……。 懐かしのPDAブランドを冠した「Palm」は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング