複数のIntel製品に脆弱性、修正版が公開 一部製品では利用中止を呼びかけ

ITmedia PC USER / 2019年3月15日 13時0分

Intelは3月12日(現地時間)、複数の同社製品における脆弱(ぜいじゃく)性を公開し、対策を呼びかけた。グラフィックスドライバの「IntelGraphicsDriverforWindows」では19件の脆弱性が報告され、最新バージョンへのアップデートが推奨されている他、「IntelMatrixStorageManager」や「IntelUSB3.0CreatorUtility」では利用の中止やアンインストールを求めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング