写真

2008年7月30日、カナダの長距離バスにおいて乗客の男が隣にいた何の関係も恨みもない若い男性を刃物で刺し殺し、首を切断するという陰惨な事件が起きた。統合失調症が認められたその男について、9年の専門的治療を経て社会復帰が決まったことが大きく報じられている。しかし男を受け入れることになる地元の人々、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング