写真

常染色体劣性遺伝性の光線過敏性皮膚疾患「xerodermapigmentosum(色素性乾皮症以下、XP)」をご存知だろうか。アメリカで100万人に1人の発病率と言われるこの疾患を抱える7歳男児のニュースを『SWNS.com』『realfix』が伝えた。 カリフォルニア州クォーツに住むオリバー・ケイ君(7歳)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング