写真

自身のプロモーションのために、手術室でラップ音楽をかけ歌い踊りながら執刀する姿を動画に収め、YouTubeに投稿していた女性医師。しかし現在、施術後に後遺症が出たという多くの元患者が苦情を訴えており、複数の患者がこの女性医師に対して訴訟を起こしている。『CNN』や『WSB-TV』『TheIndependent』などが伝えた。 米ジョージア州リルバーンのクリニックに勤めるウィンデル・ブーテー医師は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング