写真

チリでこのほど、離陸前の飛行機から犬が逃げ出すというアクシデントが起こった。犬は6日間も砂漠を彷徨うも、無事に発見されたという。『Metro』などが伝えている。 南米チリのアンデス山脈と太平洋の間に位置するアタカマ砂漠で、ダックスフントの“ガスパル”(2歳)が6日間彷徨った後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング