写真

日本人からすると猫や犬はペットとして家族のように扱うのが普通だが、お隣中国では彼らを食料とみなす文化がまだ根強く残っているようだ。また質の悪いことに、食用として他人のペットを盗む輩もいるのも事実だ。そんななか、中国の動物福祉団体が食用として捕獲されていた猫375匹を救助したという話題が届いた。『SouthChinaMorningPost』などが伝えている。 今月2日深夜から3日早朝にかけて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング