写真

イギリスでは昨今、住居がありながら路上で物乞いをする「なりすましホームレス」が急増しており、「物乞いにはお金をあげないで」と注意喚起がなされている。その一方で、全てを失って路上で暮らす“本物のホームレス”は、より苦しい立場に追い込まれているようだ。 今月8日、リヴァプールの路上で生活するホームレスの男性が市内のロイヤル・リヴァプール病院のベッドで目を覚ました。男性は医師から「体内からヒ素が見つかった」と告げられて驚愕した。 この男性は前日にリヴァプール・シティセンターで通行人からもらったチップスを食べたことは覚えていたものの、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング