写真

台湾の玄関口である桃園国際空港第2ターミナルの到着ロビーで15日夜9時30分頃、高さ約5メートルの天井からパネルとコンクリート片が落下する事故が発生した。幸いにも怪我人はいないという。『自由時報』『東森新聞』『ETtoday新聞雲』などが伝えた。 天井パネルが落下したのは、第2ターミナル1階の到着ロビー南側。天井パネルは6枚が外れ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング