写真

目に痒みを感じ始めたのをきっかけに、顔が3倍の大きさに腫れあがってしまったフィリピンの50代男性。治療を試みたものの一向に回復する兆しがないため、ついには治療をやめて今も顔が腫れたままの生活を送っている。『LADbible』『Metro』などが伝えた。 フィリピンのレイテ島オルモック市に住むロムロ・フィラピルさん(RomuloPilapil、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング