写真

心臓疾患を持って昨年8月に誕生した女の子は、生後7か月の時に心停止に陥り、脳に損傷を受けた。家族は生命維持装置を外す決断までしたが、医師から「余命6か月」と言われたその子がもうすぐ1歳を迎えようとしている。米メリーランド州に住む女の子の母親が、これまでの歩みと母親としての思いを『FoxNews』『ABC7News』などに語った。 メリーランド州ボルチモア在住のフィーニックス・ダヴァインちゃん(PhoenixDa’Vine)は昨年8月25日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング