写真

友達に誘われて口にした1錠のドラッグが、当時19歳だったジェームス・イエイツさんを死に追いやった。亡くなる直前、姉のナタリー・テイラーさんは集中治療室で生命維持装置に繋がれたジェームスさんの姿を撮影しており、弟の死後SNSに投稿した。ジェームスさんの死から1年が経過した今年8月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング