写真

ブラジルのある湖で釣りをしていた男性が、小さなボートのそばで頭を突き出して泳いでいる生き物がいることに気付いた。カワウソかと思って近づいた男性は、それが‟ナマケモノ”であることを知って度肝を抜かれた。『GazetaOnline』『TheDodo』が伝えている。 一日の大半を寝て過ごし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング