写真

隕石落下などは最近でもたびたび観測されている(7月2日の火球ではありません)

真夜中、関東地方で突如として雷のようなごう音が響き渡った。原因は上空を飛んだ火球だった。2020年7月2日の深夜2時半過ぎの出来事だ。わずか数秒間で消えたが、数分後には破裂音にも似た大きな音が地上まで届いたという。 この日ツイッターには、「何か爆発したのかと思った」と驚きの声が相次いだ。なかには「隕石」(いんせき)を連想する人も。こうした宇宙からの飛来物が国内で観測された例は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング