写真

名古屋市の河村たかし市長(70)が10月8日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が再開されることを受け会場である愛知芸術文化センター前で抗議の“座り込み”を実施した。そんななかネットでは、河村市長の行動に賛否が上がっている。同日、河村市長はTwitterで《愛知トリエンナーレ再開反対座り込み午後2時愛知県芸文センター》と座り込みの実施を告知。その理由について《申告内容かくされる県は市とまったく話し合いなしですべて独断.実行委員会ひらかれず陛下写真バーナー焼いて踏みつぶすいかん》とつづった。産経新聞によると約30人の支持者らと抗議活動を実施した河村市長は… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング