写真

「今年10月の衆議院議員選挙で、自民党は公約として『教育の無償化』を掲げました。政策集で、無償化の対象を3〜5歳の『すべての子供たち』と明記しています。選挙では自民党が圧勝。その後、公約実現に向けて議論が続いていましたが、結局、さまざまな条件が付いた『一部無償化』に落ち着くようです」こう語るのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。さまざまな条件が付いた、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング