「あの人、発達障害じゃない?」ブームが産んだ“異常”を精神科医・香山リカさんと考える

女子SPA! / 2018年12月5日 8時46分

落ち着きがない、整理整頓が苦手、コミュニケーションがうまく図れない……そのようなことが代表的な症例として挙げられる、さまざまな「発達障害」。これまでは主に幼児の例が話題に上がっていましたが、近年、成人してから発覚する「大人の発達障害」にも注目が集まっています。 それに伴い、会社内などで「あの人はきっと発達障害だ」と他人が勝手に決めつけるケースも発生していて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング