沖縄・米軍問題「世界一危ない基地」のそばで暮らす子どもたちの今

週刊女性PRIME / 2018年1月13日 10時0分

沖縄で米軍ヘリによる事故やトラブルが続発している。 今月6日にうるま市の伊計(いけい)島に、8日には読谷村(よみたんそん)の廃棄物処理場に、在日米軍普天間飛行場所属のヘリがそれぞれ不時着。いずれも民家やリゾートホテルまで数百メートルという至近距離だった。 昨年12月には、宜野湾(ぎのわん)市の保育園や小学校で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング