《女児虐待死》継父は虐待の札付き男、別れた実父の祖父母が語る悲しみの胸中

週刊女性PRIME / 2018年3月14日 6時0分

「なんで助けてあげられなかったんやろう。なんで結愛がこんな目に遭わないかんのか。自分たちの無力さに落胆して泣き暮らす毎日です。助けてあげられなくてごめんね」 実父の祖父母が語る 涙を必死にこらえながら心情を明かしてくれたのは、船戸結愛ちゃん(5)のひいおばあちゃん(71)だ。結愛ちゃんの実父の祖母にあたる。 孫(結愛ちゃんの実父)は幼いころ両親が離婚したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング