摂食障害で骨と皮だけになった少女の闇 父親は「死んでもかまいません」と

週刊女性PRIME / 2018年6月12日 22時0分

「私は死んでも“摂食障害”という印籠を手放すものか、と我を張りました。病気であることは、私にとって社会に出なくても許される免罪符でした」 14歳の思春期のころから実に15年もの間、摂食障害に人生を蝕まれてきたのに、「治らなくていい」という私市奈央さん(39)の言葉は、あまりに意外だった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング