写真

リンちゃん殺人事件の渋谷恭正被告(イラスト/スヤマミヅホ)

「(起訴状の内容は)すべて違います」 千葉県松戸市のベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(享年9)が殺害・遺棄された事件の裁判員裁判で、強制わいせつ致死、殺人などの罪に問われている渋谷恭正被告(47)が最初に発した言葉だ。 遺体から渋谷被告の唾液が 起訴状によると、被告は昨年3月24日、わいせつ目的でリンちゃんを車に乗せて連れ去り、首を圧迫して窒息死させ、遺体を同県我孫子市の排水路脇に遺棄したとされる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング